ハイジ風 ワンピース【ワッフル生地】

高校生以来ミシンを触っていない、という方でもこんな素敵な夏用部屋着が出来上がりました!

首まわり、アームホールのバイヤスも美しい!


とても丁寧でビギナーとは思えないミリ単位のミシンワークができるのはすごい!

生地はお母さまが好きだった、という「ワッフル」。凸凹加工したもので、汗や湿気で肌に貼り付かないのでよくバスローブなどにも使われているあれです。涼しげでこれから来る夏が楽しみですね~

ワッフル生地 涼しいのよね

Yukoさんのこだわりはこの大き目パッチポケット!
ストライプは柄合わせが難しいです。本体と合わないとなんか気持ちがよくないですので、あえて斜め(バイヤス)に取って目くらまし戦法にでてます。
部屋の中で着るものは思いっきりガーリーに仕上げたいとのことで、ポケット縁にはチロリアンリボンをアクセントにあしらえました。

ポケット角のカーブに苦労しました

パターン(型紙)は私が製図したものをリサイズしています。
次のYukoさんの作品は胸下から切り返してギャザースカートにしたものを作るとのこと、同じアイテムを続けて作ることってとってもいい学習になるんですよね。鉄が熱いうちにもう一度縫う順番や難所をクリアにすること、これが脳と手先に定着させるのに重要!

コメント

タイトルとURLをコピーしました