今年は国際色豊かでした

2022年もいよいよ末日!
個性豊かな生徒さんに恵まれて本当に刺激的で楽しい1年でした。

オープン当初から通ってくれる会社員さん、初心者から始めてもうオーダーを取っている50代女性、縫製の腕は一流、パターンを習いに来てくれる最年長マダム、ドッグウェアを頑張る男性、園児のお遊戯の衣装を(自腹で!)ひたすら作る保母さん、習ったことは絶対忘れない最年少生徒さんスーパー小学4年生、フレスコボールというスポーツのウェアブランドを立ち上げたいという日本代表選手、元ミスワールドで現ファッションデザイナー、某国の外交官などなど、今年はおおよそ50名の方にお教えしました。

年齢・職業・国籍もバラエティに富んでいますが皆さん共通しているのはパッションがあること!
そんな皆様にインスパイアされてます。


そして2022年このブログの「トリ」に相応しい、なんと1ヶ月半で24レッスン(!)受けてくれたニューヨークのJK, ANNさん!!

夏にトウキョウに滞在するのでぜひ服作りを教えてほしいと英語の熱いメッセージが来たのがまだ寒い3月頃だったでしょうか。

色んなことに興味を示すティーンネイジャーだし、服作り難しいし、「やーめた!」になる事も想定していました(自分の若い時がそうだったから 笑)。
が、なんのなんの、根性あるぅ~!!!

アメリカの学校には家庭科がないらしくミシンを触るのも初めて。
尺もcmなので戸惑ったことでしょう。(あちらはinch。ちなみにタイは婦人服はcm、紳士服はinchと非常にややこしい!)

暑い暑いトウキョウの夏に渋谷教室、時には横浜・鴨居教室に通ってくれました。

タイトスカート、フレアスカートとトップスのセットアップ、お母様にワンピース、タンクトップをこの6週間でパターンから作り上げました。

ガーリーなセットアップ!
お母さまにプレゼントのワンピース~!裏地も付いてエレガントな仕上がり。


10代はもう吸収力がちがいますね、スポンジのようです。

ANNさんの場合は根気と情熱の他に「こういうのが作りたい!」という確固たるイメージがあります。
来年は服飾をテーマにした卒業制作をするそうで楽しみ~

アメリカJKの流行り言葉やサブカルなど色々教えてもらって私も楽しかった~
(彼女が帰った後しばらくANNロスでした 笑)

彼女からのメッセージがありました。
I’m so grateful for my experience this summer and it really made for a 忘れられない夏.

と、ここで終わらず今はニューヨークとオンラインでレッスンしています!

なかなか説明がし辛かったり、カメラのアングルが難しかったりしますが、今後オンラインてんかいもしたいのでなんとかより良い方法を手探って行きたいと思います。

さてさて、今年もお世話になりました、皆様も暖かく楽しくハッピーなお年をお過ごしください。

来年もまたよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました