何が違うの?【職業用ミシン】

以前、家庭用ミシンの選び方について書きましたが、
洋裁中級者以上でミシン買替えを検討されている方の中では家庭用ではなく職業用にしようか迷ってる、という人も多いのではないでしょうか。

家庭用コンピュータミシンは基本的に針が左右にも動けるので直線だけでなく、ジグザグ、裁ち目かがり、ボタンホール、まつりなどが出来るので、一着の服をその1台で縫い上げることができます。

工業用・職業用本縫いミシンは直線のみ。なので裁ち目はロックミシンと併用させる必要があります。
また、両者の違いは工業用はモーターが付いていて(音が大きく)耐久性にさらに優れており、量産工場なので使うものですので、プロ、セミプロが家庭で使い勝手のよい職業用ミシンについて絞ります。

布端は袋縫い、折りふせ、端ミシンなど直線で完結する別の方法で処理することも可能ですが、全てのアイテム・生地をそれらで対応するには手間やシルエットに問題があります。
また、ボタンホールはアタッチメントが必須で美しく仕上げるにはコツがいります。

また比較的高価で、音・振動もあり、重いので出し入れには向きません。

因みに家庭用の針(HA)とボビンとは異なるのが一般的。そして工業用・職業用共とも針(DB)・ボビンケースは同じです。
※機種の中にはHA針を使うものがあるけど、やはりDB針のほうが安定しているとのこと。

では職業用の魅力は何でしょうか?

まずパワーが違う!!

デニムを何枚もかさねたりと厚い布はもちろんですが、シルクやシフォンなど薄い布を縫うのもパワー必要なんです。

安価な家庭用ミシンでシフォンが針穴に落ちて縫えない、なんて経験された方もいるのではないでしょうか。

そして縫い目が美しい!

さらに耐久性がある!
精密機器は複雑な構造であればあるほど当然壊れやすいですよね。
人間と同じでシンプルな人ほど打たれ強い、みたいな?(笑)

あとはスピードが速いのも魅力です。
押さえを上げる時にいちいち手をミシンの後ろに回してレバーを上げる、という手間が大幅に軽減される「膝上げレバー」も超便利!

なので、バリバリ縫いたい、なんなら売りたい、という中級以上の方はロックミシン+職業ミシンも視野に。

横浜教室には厚手も皮もさこさこ縫える職業用ミシン最高峰JUKI SL-700 EXがありますのでぜひ縫ってみたい、という方はお気軽に声かけてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました