【額縁縫い】テンションの上がるプロっぽい角を作る!

先日のカフェエプロンワークショップの巻に出てきた「額縁縫い」についてオフラインで質問があったので紹介します。

直角の角を始末するとき、縦軸・横軸とも三つ折りをするのも良しですが絵の額縁のように45℃で縫い合わさっていると厚みもスッキリ、裏から見たときもプロっぽくてテンションあがります!

まず、1㎝を折ってアイロン
裏が山になるように45℃で折り、折り目に直角(ここポイント!!)に線を引き、さっき折ってアイロンした縫い代の布端まで縫う。しっかり返し縫いも。
縫い目から外側に1㎝でカット、縫い代のワの部分を割る
縫い代を割って、青破線の部分をカット(90度より鋭角にね)そしてくるりんぱ!
くるりんぱしたら角をピン等でよく出してあげて、ぴらぴらしている端を折ってアイロン、上から押さえミシンで完成!

よく折り目からじゃなくて布端から90度で縫っちゃう間違いがありますがひっくり返した時に縫い目が45℃にならずなんじゃこりゃ!ってなるので気を付けて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました