洋裁ビギナーさん向け【生地の選び方】

生地屋さんに行くと興奮しますよね?(笑)
この生地でふわっとワンピース作りたい!とかこれはカチッとしたジャケットもいいな!とか夢が膨らんじゃいます。

でも、いざ買ってみると扱いづらくて手を焼いた、とか縫いづらくて仕上げまで行けずに途中で放置!なんてことはないですか?

洋裁ビギナーさんには扱いやすい生地をお勧めしています。
パターン(型紙)製図やミシンに慣れるので手いっぱいだと思うので、生地はさばきやすく縫いやすいものがストレスなくスタートしましょう~

★厚さ/硬さ
中~厚手のほうが縫いやすいです。柔らかいものより硬い布のほうが裁断・マーキング(チャコペーパーでの印つけ)・縫製面でベター。
※安価なミシンだと厚手や超薄手が縫えない場合あるようです。

一方、シフォンなど薄く柔らかい布は生地同士で滑るのでマーキングやしつけがしにくく、ほつれやすく、アイロンも掛かりにくいので縫製に自信がついてからにしましょう。泣いた人を何人もみてます(笑)

また薄い布は裏地が必要になる場合もあります。
そうなると裏地を調達、表地とほぼ同じ形に作りますので2枚作るので工程が多くなります。(良い練習になるけどね!)

★柄
無地又はこまかい柄がラクですよ!
大きな柄、チェック、縞は柄合わせが必要。身頃を縫い合わせた際に柄が合っていないと手作り感が増し、チープに見えちゃいますので肩慣らしはなるべくストレスのない布で。

★素材
買ってすぐ縫い始めるなら化繊がベスト。

綿・リネン(麻)・デニム(薄手)も縫いやすい!でも、縫いあがって洗濯したときに縮むことがあるので、事前に水通し(方法はこちら)しておいて下さいね。日本では水通し済の生地もありますね、購入時に店員さんに水通しが必要かどうか確認してみてもいいかも。

★色
作るアイテムにもよりますが、薄い色だと裏地が必要な場合があります。ビギナーさん最初の一着目は「ストレスなく縫い上げる」ことを目標にして頂いて、裏地いらずの濃い色のほうがいいかもしれません。

総合すると

♦素材:化繊・コットン・リネン・薄手デニム
♦厚み:中~厚手
♦色・柄:濃い色、無地・細かい柄

が最初は良いかと思います。

・・・と色々注文つけてしまったので夢壊してしまいました?(笑)

でも、一番のNGは・・・気に入らない布で作っちゃいけません!
やはりスーパー完璧にできた時をワクワク想像して縫うのがベストです。多少難しそうでも気に入ったらそれで作ってみましょう。

そして、習った事はひとつ残らず吸収してソーイングマスターになるのだ!という方はまずシーチングなどで仮縫い(詳しくはこちら)してみて、それからほんちゃんの布でと同じものを作ると技術や知識が定着しやすいです。

一見、遠回りのようだけど確実にクオリティが上がったものが出来上がるし、マスターするにはこれが近道!

生地
Sonie's Sewing Lab – ソニーズソーイングラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました